×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧の合併症くも膜下出血

高血圧の合併症くも膜下出血

高血圧の合併症くも膜下出血の予防

高血圧には、脳で発症する脳卒中という合併症が存在します。

 

脳卒中には、「脳出血」や「くも膜下出血」があります。

 

こうした脳卒中は、血圧が上がった状態が動脈硬化へ重症化することで発病します。

 

動脈硬化によって脳の血管が破れてしまった症状のことを呼び、

 

くも膜下出血は、脳の動脈に動脈瘤と呼ぶこぶのように拡張したものが発症してしまい、

 

裂けてしまった状態のことを言います。

 

脳梗塞は、脳内の血管に動脈硬化を引き起こした箇所に血栓が出来上がってしまい、

 

血管が狭くなった症状になることで起こります。

 

すると、このような脳卒中は、ある時唐突に発病してしまう場合が多いだけに、

 

下手したら、死んでしまう場合もあります。

 

しかも、脳で発病する病気ということもあり、死亡するまではいかなくても、

 

脳に大きな障害を及ぼし、手当をしても状態が深刻化すると言語障害片マヒなどの

 

障害が残ってしまうケースがあるだけに気に留めておかなければなりません。

 

高血圧の合併症くも膜下出血関連ページ

狭心症や心筋梗塞について
「狭心症」や「心筋梗塞」の高血圧の合併症のリスクについて
ホーム RSS購読 サイトマップ