×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

狭心症や心筋梗塞について

狭心症や心筋梗塞について

「狭心症」や「心筋梗塞」高血圧の合併症のリスクについて

高血圧には、心臓で発生する心臓疾患という合併症があります。

 

主な心臓病では、「心肥大」「心筋梗塞」があります。

 

このような心臓病は、血圧が上がったままになり動脈硬化が、進むにつれて見られることがあります。

 

心肥大は、動脈硬化を誘発することで血管の流れが悪くなってしまうだけに、

 

より一層速く血液を流そうとして心臓筋が成長した症状のことを呼びます。

 

また狭心症は、動脈硬化によって血流が悪化してしまい心臓壁に

 

十分な酸素と栄養送り込めない心筋虚血という症状になることを言います。

 

心筋梗塞は、動脈硬化で血管が流れが悪くなったり、

 

血栓が出来上がって血流が悪化して血液が行き届かなってしまうことで、

 

心臓の一部が死滅した症状のことを言います。

 

このような心臓病を招くことで、胸の辺りが締めつけられるなどの

 

激痛を感じるようになります。

 

そして、突如発作が発症したり胸が苦しくなる場合もあり、

 

中でも、心筋梗塞は、瞬く間に死んでしまう相当恐ろしい合併症なのです。

狭心症や心筋梗塞について関連ページ

高血圧の合併症くも膜下出血
高血圧と診断され、動脈硬化がすすむと、くも膜下出血になるリスクが高くなってしまいます。
ホーム RSS購読 サイトマップ